子供の考える力・書く力はこうすれば伸びる!

HOME > おうちでアクティブ・ラーニング!? > Vol.10 「家族でほめ合おう」

Vol.10 「家族でほめ合おう」

vol_10

家族でほめ合おう

 子どもたちは、「ほめられる」ことで、自己肯定感、自信、自尊心などを身につけていきます。なにより、大人・子どもに関係なく、ほめられるとうれしい気持ちになりますよね。そこで、今回は、「ほめる」という行為を通して家族みんなが楽しくなるゲームをご提案します。

ほめほめゲーム

 家族とはいえ、いざ面と向かってほめ合うのは照れくさいものです。ということで、次のような2種類のゲームを考えてみました。
◆ 順番に相手のいいところを言い合うゲーム。
◆ 1分間で、相手のいいところを多く言うゲーム。
 「多く言わねばならない」という状況をつくると、最後のほうは絞り出さないといけなくなります。そうなると、「それ、ほめてないじゃん!」というような言葉が出てきます。そんなときは、視点を変えたり、言い方を工夫したりして、ほめ言葉に転換するように提案しましょう。
 たとえば……
 「お父さんは、つまらないオヤジギャグを考えるのが上手!」
 「それ、ほめてる!?お父さんは、いつも、みんなを楽しませようとして偉いね〜っていうのはどう?」
 そんなふうに、楽しくほめ合うことで、子どもは、
•ほめられるだけでなく、ほめることの喜びも知る。ほめることが好きになる。
•相手のいいところを探すようになる。
•物事に対して、ポジティブな視点で考えるようになる。
•ほめられることを意識した行動をするようになる。
•自然と「感謝」の気持ちが芽生えるようになる。
などといった効果があります。

 「ほめる」という行為は、それだけで人を喜ばせ、自分も幸せな気分になれます。また、親にとっては、普段子どもが自分のことをどう見ているのかを知るいいきっかけにもなるのではないでしょうか。家族への理解が深まること間違いなしのゲームですので、是非!

vol.10 ブンブンどりむ 保護者向け情報誌「ぱぁとなぁ」2019年1月号掲載

一覧へ戻る
春の入会キャンペーン