子供の考える力・書く力はこうすれば伸びる!

HOME > おうちでアクティブ・ラーニング!? > Vol.13 「キャッチコピー」

Vol.13 「キャッチコピー」

vol_13

キャッチコピー

 キャッチコピーとは、商品や作品、人物などの魅力を簡単にわかりやすく的確に伝える言葉です。チラシ、看板、CM、インターネット広告……。そのどれにもキャッチコピーがあり、そのどれにも、多くの工夫や想いが詰まっています。今回は、このキャッチコピーに注目してみましょう。

名作を鑑賞してみましょう

 名作コピーと言われるキャッチコピーは、短い言葉で見る人の想像力をかきたて、強い印象を残します。とはいえ、大人にとっては定番でも、子どもたちは知らないものも多いはず。まずは親子で鑑賞してみましょう。

有名なキャッチコピー

 お口の恋人 ロッテ(株式会社ロッテ)

 あなたと、コンビに、ファミリーマート(株式会社ファミリーマート)

 目の付けどころがシャープでしょ。(シャープ株式会社)

 このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。(映画『となりのトトロ』)

 ココロも満タンに(コスモ石油株式会社)

自分で考えて作ってみる

 なにか題材をひとつ決めて、それについて観察し、調べて、どんな魅力があるか考えてみましょう。今まで「なんとなく好き」「なんとなくいい感じ」と思っていたものの、「なんとなく」の正体は何なのかを深く考え、それを書き出してみましょう。そして次に、書き出したものを並べてみたり、組み合わせてみたり、言い回しを変えてみたりして、どうすれば相手により短い言葉で最も強烈にその魅力が伝えられるか考えましょう。

 キャッチコピーは、対象をあらゆる角度から観察し、その魅力について深く考え、そして、さまざまな表現方法を駆使することによって生まれます。普段何気なく見ている商品や作品でも、キャッチコピーと並べてみることで、今まで気付かなかった新しい発見があるでしょう。

vol.13 ブンブンどりむ 保護者向け情報誌「ぱぁとなぁ」2019年4月号掲載

一覧へ戻る
ブンブンどりむ