子供の考える力・書く力はこうすれば伸びる!

HOME > おうちでアクティブ・ラーニング!? > Vol.9 「将来と今をつなげて考える」

Vol.9 「将来と今をつなげて考える」

vol_09

将来と今をつなげて考える

 お子さんの将来の夢は何でしょうか? サッカー選手、お花屋さん、宇宙飛行士、警察官、社長……など、いろいろな夢が出てくることでしょう。今回は、その職業に就くためには、どういう学びや技術を修得すべきかを調べてみましょう。そこから逆算して、現在はどういうことを頑張っておけば、夢に近づけるかなどを話しましょう。そうすることで、よりリアルにイメージでき、学校での勉強や習い事などのモチベーションにもなります。その職業に関わりのある他の仕事に話題を広げてみると、さらに考えが深まります。

好きなこと・得意なことは?

 中には「将来、やりたい仕事がない」というお子さんもいるかもしれません。そうした場合は、「好きなこと・得意なこと」から話題を広げていき、「仕事」と絡めて考えてみましょう。たとえば、「テレビゲームが好き」だったら、テレビゲームの作り方や、それに関わる仕事などを調べます。そうすると、「面白いゲームを作るためには、ゲーム以外のことも学ばなければいけない」という気付きにつながるでしょう。

どんな仕事がある?

 「将来の夢」も「好きなこと・得意なこと」もない、もしくは「まだわからない」という場合は、「世の中にはどんな仕事があるのかな?」と考えてみます。将来、それらの仕事に就く自分を想像してみましょう。そして、どんな能力が必要なのか、どうやってその仕事に就くのかなどを考えてみましょう。

 以前紹介した『想像力トレーニング』では、世界と日常生活のつながりを意識してみましたが、今回は、「未来の自分」と「今の自分」のつながりを意識してみるというものです。また、おうちの人が「子どもの頃はこう思っていた」「今はこうなるために頑張っている」などと話すことも、お子さんにとっていい刺激となるでしょう。

  • 新13歳のハローワーク

    「新13歳のハローワーク」

    著・村上龍(幻冬舎)
    「好きなこと」「得意なこと」を切り口として、様々な職業を紹介しています。

vol.9 ブンブンどりむ 保護者向け情報誌「ぱぁとなぁ」2018年12月号掲載

一覧へ戻る
ブンブンどりむ